社畜らーめんマン

どこかで擬態してMMDerやってる人間の中身。作業しない怠惰ブログ。

※壬氏モデル制作(動画未公開シーン有り)

 

こんばんは。べじたりあんです。

動画用のブログしばらく公開していないのでとりあえずこちらで更新。

 

タイトルからお察しのように、今回は日常更新ではないのでご了承を。

突発的にモデリングしたのでそれに関する内容です。

 

今回モデリングする直前まで、本当にMMDのやる気スイッチoff状態で。

MMDも9年目だし何か作らないといけないと思って色々ジャンルあさりましたが、

見事に今の気持ち的にやりたいものもなく。

というか既にやりたいものは大体作ってしまった感...。

 

現状として作りたい動画が既存MMDジャンルの中ではなかったので、

考え抜いた末に薬屋のひとりごと壬氏モデルを作ってみました。

作る予定なかったので本当に突然です。

 

今回久々にちゃんと動画関連のブログ更新をしようと思ったのは、それもそのはず...

 

べじたりあんにしては珍しく顔面をイチから作りました。

 

ご存知のとおり(?)面倒くさがり人間なので、今まではほぼ自分の過去作モデルの顔面を整形させて作っており。

 

過去のモデリングの流れからいくとたしか、

スコッチキュラソージョディキール蒙恬縁壱巌勝夏油五条硝子闇落ちマイキー乙骨

という感じで、それぞれ大幅に整形させながらモデリングしていた感じです。

男キャラのほうが多いのはあれです。何となく気づいていましたが俺多分、

男の顔面作るほうが得意というか慣れてるのかなと。

モデリング自体は苦手意識の塊なので、まだマシと言ったほうがいいかもですが。

 

女キャラで好きな顔立ちの子も沢山いますが、俺はそもそも可愛い系の顔面女子を作るのがあまり好きではないことに最近気づきました。

 

なので過去に作った女キャラもクール系がほとんどな気がします。

 

そして前髪下ろしてるキャラが12人中4人しかいないことにも気づきました。

センター分けのキャラ率高めな気がします。

 

 

...とまぁ、前置きが長くなりましたが。

 

 

今回、壬氏モデルを作って一番心配だったことが。

 

薬屋のひとりごと」のMMDジャンルが無い。

 

悲しみ。

 

動画が一本もなくて。

モデラーがいない=視聴者がいないのは当たり前ですが、

この段階までMMDジャンルが存在しないということは、

 

(これ見る人いないのでは....?)

 

と一抹の不安。

 

ここでべじたりあんの脳内に誕生したのが

「そもそも作品を知られていない説」

 

動画をあげたところで(これ何...?)という反応、もしくは見る人がゼロ、

ということも考えました。考えた上で強行突破してモデリング()

 

俺が見たいのでセルフ生産(圧)

 

定期的に発作のようにどマイナージャンルの動画を作るべじたりあんです。

ですが流石にジャンルに動画1本もないところにぶち込むのは初の試みでした。

 

 

でも、薬屋は漫画自体は売上げ的にだいぶ人気があるはずで。

MMDでは知られてないの勿体無いな...とも思います。

 

中国の王宮が舞台なので、キャラも多いし華やかな衣装をまとったキャラが沢山いて。

絶対にMMD映えしそうだなと思っていました。

 

キャラが揃っていると画面的に圧巻だろうなと。

 

原作にて衣装パターンも多い上に、きらびやかな女性キャラも沢山るので

本当のことをいうと自分好みの系統ジャンルです。

 

中華王朝や後宮モノは好物ですし、これジャンル的には謎解きミステリーの部類なんですかね?推理要素も多めで面白いなと思います。

 

 

ですがモデリングをする上で、まず第一段階で悩んだのが。

 

この漫画、2種類あるんですよね。

同じ内容ですがイラスト担当されてる方が違うという...

絵柄が全然違うんです。

 

俺は以前から2種類とも買っていましたが、

今回どちらの壬氏に寄せてモデリングするかを迷って。

 

 

簡単に説明させていただくと、

 

   

↑こちらがビックガンガンのもの。イラストは「ねこクラゲ」さん。

線が柔らかくて、猫猫の目もきゅるんとした感じで大きめの可愛らしい絵柄です。

 

一方で、

 

↑こちらがサンデーGXの。イラストは「倉田」さん。

前者よりは大人びた絵柄で若干クール寄りの印象を与える絵柄です。 

 

 

両方とも素敵ですが、2種類の壬氏を作るわけにもいかないので...

 

考えた結果、俺のたどり着いた答えは....

 

「両方を足して2で割った絵柄」

という暴挙に出ました。

 

双方の好きな要素を参考に取り入れて自分好みに作るの巻。

 

 

ということで。

 

今回作った壬氏モデル(頭部)の

デフォルト画像(エフェクトなしのすっぴん状態)

 

…を晒す前に。

 

公式であんなにも、「天女のような美しさ」だの「傾国」だの容姿を絶賛されると

モデリングする側としては単にハードルが上がるだけなのでやめてほしいです。

不細工になってしまったら壬氏ファンの方に死んで詫びるしかないと謎の圧がありました。

 

また、個人的には青系の瞳にしたいのですが、カラー版になると

赤色系統で塗られていることが多い印象だったので、

赤と紫の中間くらいの色にました。

 

本当はサイドの髪の毛をもっとくるんと内巻きにしたいのですが、

これ以上やるとどう頑張っても動いた際に髪の毛が顔面に埋まるので...

剛体とかで何とか制御しようと思ったものの限界がありました。

 

特に顔周りの髪はめり込みやすいので注意ですね。

 

ではエフェクト無しの画像です。

 

ちょっと悪い顔も。

 

動画で使いきれませんでしがモーフだけはわりと多めに入れました。

でもエフェクト無しだと盛れないあるある。

無慈悲。

 

 

聞かれてないものの突然答えますが、壬氏の好きなところは、

女性顔負けの美しさを持ち合わせていながらも、実際は行動力もあって男性らしいところです。

原作でも、こんな顔してるわりに脱ぐとムキムキですし変に身体能力高いです。

着衣のまま川の対岸まで泳いだりしてます。良い子は絶対に真似しないでください。

 

あと、あれだけ猫猫に好意アピしてるのに全然気づいてもらえてないのも可哀想で

応援したくなります。

でも俺はそんな男っ気がない超マイペースな猫猫が好きです。

 

 

 

ということで。

 

話を戻しますが、今回はちょっとした短めのモデルテストを突貫で投稿しました。

 

短いのでお気軽に。動画はこちらです。↓

ご存知の方ゼロで見てくださる方いないことも覚悟の上でしたが、

意外と原作を知っておられる方もいて反応くださったので予想外でした。

 

コメントやマイリス、広告等有難う御座います。

 

ちなみにですね

物理多めのジャンルが久々で、撮る際にやや手こずりました。

 

最近は呪術などの、軽量演算で扱いやすいモデルに慣れきっていたので

今回動画を作るにあたって、冗談抜きに死ぬほど手付けで物理焼き込みしました。

 

揺れ物が多いモデルなんかは物理の調整で手を抜いて撮ってしまうと

一気に見栄えが悪くなってしまうので困ります。

 

どうせなら優雅に美しく撮りたいので。

 

下の画像は今回の動画のpmmフォルダの一部ですが、

 

赤で囲った、「3」というAVIファイルの部分。

これ秒数的には1秒ほどなのですが、髪の動きや衣装の翻り方が理想的にならず、

この1秒だけで6回撮り直してます。

 

MMDerさんなら分かっていただけると思うのですが、

演算っていくら物理焼き込みしようが、オンにして出力すると

毎回微妙に違う物理の動きするじゃないですか。髪の毛にしろ布にしろ。

 

俺昔からこれが気になって気になって。

髪の毛の動き方が毎回違うということは、顔にかかる影も変わってしまうので

影の調整もしなければならず。

 

物理の揺れ方や影の調整などでリテイクしまくるマン。

今回の動画はまだマシなほうで、酷い時には理想の1秒を撮るがために、

そのパートだけ何十回も撮り直していたこともありました。

 

 

あと、今回の動画の猫猫についてですが。

 

あれ俺の作ったモデルではないです。改造。

そもそも壬氏以外のモデルが存在しないので...勿論猫猫モデルもありません。

 

元々動画で猫猫を出すつもりもないので作っていなかったのですが、

1パートだけ急に猫猫を出したい部分があり。(屋根上での舞踊パート)

 

急遽用意しないといけなくなったものの、

1日では壬氏を作るのだけで限界だったので、それっぽい雰囲気だけで押し通すことにしました。

 

改造可の、全く関係ない配布素体モデルさんをゴリゴリに改造して猫猫もどきにしただけです。

 

どちらかというと猫猫は「ねこクラゲ」さん作画の

うるうるで大きな目元が印象的の絵柄が好きです。

 

 

 

また、今回モデルテストなので普通にざっと躍らせただけですが、

基本的に再現パートとかを入れるのが好きなので、

 

本当だったら今回の動画で猫猫が屋根の上で踊ってるシーンなんかも、

原作通り足を滑らせて壬氏にキャッチされるとこまで再現できると良かったですね。

 

 

ですがとりあえず時間がなかったので。テスト動画で失礼しました。

滑らかな素敵モーションでした。

(壬氏風に部分的に振り付け変更させていただいてます)

 

一応、動画で使用した画像を貼っておきます。

(お借りした物は動画内に記載させていただいてます)

 

動画用サムネ

 

 

 

あと、壬氏のピン画像。

 

 

 

そしてありがたいことに、人伝いで動画のイラスト情報を教えていただきました。

坂本さん(@motosaka94)が描いてくださったのがこちら。

 

f:id:mix831:20220814075545j:image

とても素敵なイラストにしてくださって大変嬉しいです。

美しい壬氏ですね…お上手で感激です。

有難う御座いました。

 

 

 

ちなみにですね。

ここからは完全に非公開部分の裏話なんですが。

 

コメントでわりと「月の君」というお言葉を見かけたんですが、

もしかしてオフ装束の壬氏もお好きな方いらっしゃるのかなと思いました。

 

 

ガンガンコミックスで追ってる方には若干ネタバレになるので詳しいことは伏せますが、

壬氏が「香泉」という偽名を使って避暑地に向かって命狙われた時あるじゃないですか。

 

銃撃されて逃げて猫猫を抱えたまま滝壺に飛び降りる流れになるやつ。

ほぼ素性バレに繋がる経緯の。

 

あの際の、この衣装がわりと好きで。↓

 

f:id:mix831:20220813205754j:image

黒布で口元を隠してよくわからない冠帽子みたいなのをかぶってるやつ。(語彙力)

 

これMMDでもやりたいなと思っていて、帽子と布アクセ作って

実はざっくりそれっぽくした風貌のものを撮ってありました。

 

でも尺の関係で動画にねじ込むことができなかったので

結果没になりました(無駄)

 

ということで、こちらでどさくさに紛れて公開します。

 

 

①動画で使えなかった没パート

※音量注意です↓

(stage/winhgayer様、Accessories/零戦P、おかだ様)

 

暗殺とかしてそうなビジュ。

 

 

 

あとついでにもう一つ公開しておきます。

 

 

動作確認兼ねて、自分の鑑賞用に流し込んでいたやつです。

 

久々の長髪キャラだったので、モーションによっては髪の毛とかが絡んだり

めちゃくちゃに暴れないかの不安もあり。

 

この激しいモーションに耐えられればだいたいOKだろうという

謎の自己基準で流し込んで見てました。↓

 

中華服と長髪なのにバチバチに激しい踊りしてもらってます。

 

②モデル動作確認用(固定カメラ&エフェクトなし)↓

※音量注意

※後半より、過去に作った他ジャンルモデルから2名がしれっと混ざってます

 

ヒアソビのモーション永遠に見てられますね素敵。

 

あとお気づきではないとは思うのですが、

俺はやっぱりどうしても縁壱贔屓なので

3人のうち、縁壱だけ大柄で豪快な動きに見えるよう、

手打ちで関節の動きを若干調整させていただいてます。

 

女性が踊る場合は内側から関節を入れた動きをするほうがしなやかで色気が出るのですが、

男性の場合は肩でも肘でも膝でも、外側から関節を回すように入れて動かしたほうが

動作が男性的でかっこよく見えます。

 

自分もダンサー時代よく意識していたので。

全力でバチバチに躍るような曲じゃなくても、ちょっと力を抜いて躍るようなライトの曲でも関節の使い方を意識するだけで男性らしくかつスタイリッシュに見えます。

 

勿論体幹強くしてブレないようにしたり体鍛えたりするのは当然ですが。

それ以外の部分でも動きをかっこよく見せることのできる要素は

MMDにもよく反映させていただいてます。

 

なので同じモーションを流し込んでいても、

そのキャラによって合うように振りや動き方に微妙な変化をつけるのが好きです。

 

という個人的な話。

 

 

 

以上、雑談も多くなりましたが、

今回は初めてのジャンルだったので少し内容の説明も入れながらお話してみました。

長々とすみません。

 

 

1日でずっと同じ体勢でモデリング&動画制作したので完全に腰やられました。

また...。(死んだ目)

 

 

ちなみに親父とおかんから強制送還の命令がくだっているので明日帰省します。

お盆なので親父の仕事関係者がご挨拶に来られるのでそれに借り出されます。

ここ数年コロナで無かったのに...めんd(ry

なぜか兄貴達はしなくていい接待業務ですいい加減に代わってほしい。

例年通り和服をいちいち着ないといけないの本当にダルいし暑くて困ります。

 

ただでさえできるだけ実家に帰りたくないマンなのでテンションが死。

 

ですが親父と色々話もあるし久々に兄貴達の顔も見れるのでまぁいいかなと...

 

 

 

ということで。

 

皆さんも素敵なお盆をお過ごし下さい。

 

それでは今回はこれにて失礼します。